img_0272

穴ログ

今回は滋賀県多賀市にある洞窟にやってきました。

メンバー:1

高室山という山にあり、車で穴の近くまで行けるのでアプローチは楽チンです。

竪穴と聞いていましたが、行ってみるとフリーで全然行ける穴でした。

ドリーネの底に開口しており、中はそんなに続いておらず、特に見所も無く数分で探検終了。

この近くにももう一つあるということで行ってみました。

この穴もドリーネの底に開口しています。

奥の狭いところにアンカーボルトの穴があり、この先は竪に落ち込んでいるのかな?と思いながらも竪装をつけた状態ではとても降りられる広さではなかったので、恐る恐るフリーで降りてみたところ、その先は横穴になってました。

恐らくハマって上がれなくなった人のために空けた穴ななのかなと。

横部分もかなり狭くなっていて、少し広い空間も確認できましたが、そこで終わっていました。

山狩りログ

p1110396

その後、お昼休憩をしてから山狩りをすることに。

めぼしい穴は見つからなかったものの、もう一つの既存の洞窟「杉の小竪穴」にたどり着きました。

入り口周辺はガレているので入洞には十分注意するように、とあり、見るとまんまです(笑)

用心深いマサさんがバールで落とせる岩は根こそぎ落としたものの、まだ安心はできないということで入るのを躊躇ったので、私たちも入るのを諦めることに。

っていうか、岩落としすぎ

落とす前の状態で入った人がいるのだから、まだ入れるという確信があったけど、これだけ入り口変えたら逆に危ない気がしてならない

とうことで山狩りをしながら戻ることに。

すると岡さんが洞窟を発見

入り口が狭かったので少しディギングケイビング用語辞典参照してみたところ、どうやら奥に続いてるようです。

両サイドが岩なので、手持ちのバールではこれ以上拡げられません。

続いてる可能性を秘めていたので、今回は諦めてまた次回ディギンすることにして下山しました。

そのあともまだ時間があるということで周辺を山狩りすることになったのですが、私は用事があったのでここで帰ることに。

その後は見つからなかったということです。