p1020377

今回は「高梁川」をカヤックで下るために岡山県に来たついでに、すぐそばにある観光洞「井倉洞」にやってきました。

カヤックの集合場所がこの井倉洞の駐車場だったんですよね。

集合時間よりも少し早めにつけて、朝一で観光洞を楽しんできたというわけです。

今回は観光洞ということもあり、事前にペットも入洞可能かどうかを電話で問い合わせてみたところ、OKということだったのでむぎも連れてきました

井倉洞

井倉洞は岡山県指定天然記念物で、高梁川沿いにそそり立つ直立240mの絶壁に壁面に入り口があり、全長は1200mの鍾乳洞です。

洞内は歩きやすく舗装されているものの、急な階段を上ったり降りたりするので歩き易い格好で行くことをお勧めします。

住所:岡山県新見市井倉409

TEL:(0867)75-2224

営業時間
8時30分~17時00分 (入場受付は16時30分まで)

※年末(~12/31)は通常営業、年始(1/1~1/4)は9時~16時、 1/5~通常営業
  料金
 大人  高校生 中学生 小人
  個   人 ¥1,000 ¥1,000 ¥800 ¥500
 団 体
割 引
20人~ ¥900 ¥800 ¥700 ¥400
50人~ ¥850 ¥750 ¥650 ¥350
100人~ ¥800 ¥700 ¥600 ¥300

※ペットは入場無料 ただし抱っこかマナーベルト着用

メンバー:1

訪れたのは2012年の秋でした。

むぎはこれだけ大きな洞窟に入るのは初めてです。

前回は観光地化されていない洞窟だったので、真っ暗で不安がっていましたが、洞内はライトで照らされていて足元も歩きやすくなっているので、興味津々に見学しながら歩いてました。

ライトアップはいいのですが、私は個人的に青とか赤のライトが不自然に思えてあまり好きじゃありません。

でもだいたいどこの観光洞もカラフルな照明を使ってるところは多いですね。

階段が設置されているので簡単に上り下りできますが、本来ならロープを垂らしてSRTケイビング用語辞典参照でいかなければならない洞窟だと思うとありがたく感じます。

鐘乳石には独自にいろんな名前が付けられてましたが、どれも立派でした

天気も良く外は暑かったのでひんやりした洞窟が涼しくて気持ちよかったです

ペットと観光洞に入る時の注意点

基本的にはペットは抱っこで同伴可ということだったのですが、むぎは16キロほどあるので抱っこはできません。

抱っこの理由の一つに洞内での排泄問題があります。

犬のことですから「この中でやっちゃダメだよ」といったところでもよおしてしまったら誰にも止めることはできません。

そこでマナーベルトをつけて入洞することを条件に入洞許可を頂きました。

大きなワンちゃんを連れて行きたい方はマナーベルトをつけて入ります、と事前に電話で確認を取ってから連れて行ってくださいね。

あと観光客が多いとお断りするかもしれません、と事前に言われており、少ない時間帯をお聞きしたところ平日か、週末であれば朝の早い時間とこのとだったので朝一に入ることにしました。

チケットを買うときに数名のおばさまがいましたが、入洞前に追い抜かしたので洞内では誰にも会うことなく気兼ねなく洞窟を楽しむことができました。

納涼スポットということもあるので、夏休みの時期にペットを連れて行くのは避けたほうがよさそうです。

食べログ

p1020399

ここは鮎が有名なのか、至る所で鮎の塩焼きが売られていました

いい香りに自然に引き寄せられ・・・気づけば座席にw

ちょうど朝食もまだだったので、鮎定食のようなものを頂きましたが、これがめっちゃ美味しい

むぎには塩がたっぷりついた皮を剥いで身と骨をあげましたが、喜んで食べてくれました

井倉洞に来たら絶対お勧めの一品です

この地域では千屋(ちや)牛というのも有名なのようです。

やっぱり魚の鮎より値段は高めなので、お財布に余裕のある方は是非食べてみてくださいね

ギャラリー

クリックすると拡大され「>」で次の写真へ移動します。